オリジナルアイテム, ブックカバー, 革小物, 商品のご案内

こだわりという言葉

いつの間にか、世の中には「こだわり」という言葉が、あふれるようになっていました。

飲食店に行けば「こだわりのスープ」「素材へのこだわり」「伝統の技法にこだわる」などの言葉があちこちに見られますし、ネットショップでは、商品の良さをアピールする常套句としてやたらと目にします。

gpfd_0f292b18c533af6993099af85538b2329f5ae736

しかし、元々「拘る」という言葉は

「ひとつのことに強く思い入れたり、執着すること。固執」
「心が何かにとらわれて、自由に考えることができなくなること。拘泥」

などの、ネガティブな意味を持つ言葉でした。

それが、昨今では

「信念を持って追求する」

というようなポジティブな意味に転じてきています。

言葉というものは、時代とともに変わっていくものですから、その意味の変遷に拘る(笑)必要はないと思います。

しかし、世の中にあふれている「こだわり」には、「とりあえずキャッチコピーに入れておけば、何かプレミアム感が出るんじゃないか」というような雰囲気で乱発されているようにさえ感じてしまいます。

そういうことで、私自身は極力「こだわり」という言葉を、使わないようにしています。

とはいえ、じつは、私の販売サイトの商品説明でも、「こだわり」という言葉を使っているところがあります。
作り手の方が、特別な思いを込めているモノ・部分などを、ご本人が「こだわり」と表現している時は、そのまま使っているのです。

oyadica-bc1_9

たとえば、絶賛発売中のOyadica-writeworks革製文庫本カバーHOLESも、とくに素材の革については非常に吟味したものを使用しており、それを分かりやすく

「レザー製品のヘビーユーザーであるバイク乗りのこだわり」

と表現しています。

革製品では「植物タンニンなめしにこだわった」と表現しているものを、多く見かけます。(当店で販売しているものにもあります)

まずは、「なめし」って何かと言うと、動物の皮はそのままだと固くなったり腐敗してしまったりするものなので、「皮」のコラーゲン繊維になめし剤を結合させこれらを防ぎ、柔らかくして「革」に変化させること。

そのなめし剤に、植物由来のものを使うのが「植物タンニンなめし」、塩基性硫酸を使うのが「クロムなめし」です。oyadica-bc1_14

「植物タンニンなめし」には、使い込むほど艶や馴染みが出るという特徴があり、「クロムなめし」は強くて柔軟でソフト感があるという特徴があります。

Oyadica-writeworks革製文庫本カバーHOLESで使用している革は、そのなめし工程の9割以上が植物タンニンなめしを使用。ですが、クロムなめしもわずかに使っている「コンビネーションなめし」と言われるもの。

ブックカバーは、本を読んでいる間、ずっと人の手に触れています。

そのため、吸水性が低くないとシミ汚れになりますし、かつ、柔軟でなければページを捲りにくくなります。それでいて、使うごとに馴染んでいって使いやすくなっていかなければなりません。

そのため、両方のなめしの良さを活かした革を選びました。革の質感と扱いやすさ、重さ、厚みも非常に吟味しています。

その思い入れ含め「こだわり」とあえて表現させていただきました。oyadica-bc1_2

本革の製品は、決して安価ではないですから、買っていただいたあとも、使っていくうちにどんどん満足感や愛着が湧いていくものになるよう、想いを込めています。

Oyadica-writeworks 革製文庫本カバー HOLES

サイズ:W112×H165mm
素材:牛革・帆布
価格:5,800円(税込み・送料別)

ご購入はこちらまで。

writeworksbana2017_yahoo

Facebookからもご購入可能です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中