ベスパ, 食れぽ その他

はじまりの神々

世界のはじめに、三神が生まれた。そのはじまりの神々を「サムハラ」と呼ぶ。サムハラを祀る荒廃した小さな祠が、岡山県津山市加茂町にあった。

加茂町出身の素封家田中富三郎は、幼少の頃よりサムハラを信奉しており、昭和10年にその祠を復興。しかし戦時中、特高警察に不許可神社として撤去を強いられる。

戦後、田中氏は大阪に自費でサムハラ神社を建立。元からあった加茂町の祠は、奥の宮とされた。

そのサムハラ神社は、本宮、奥の宮とも、大変なパワースポットとされている。今回、そこを訪れることが、ツーリングの第一目的となった。

2018年11月11日午前7時45分。気温は10度を切っている。軽い防寒装備で走り出す。

午前8時前、太田氏のSL230と秋山氏のランツァの2台が合流。集合場所のドライブイン西の屋赤坂店を目指す。日陰はけっこうじわじわと寒さが滲みて来る。スピードは出せない。

集合時間より30分近く早く西の屋赤坂店に到着。すると、太田さんが何かに気づく。ハコスカGT(GC10)が駐車場に。クラブ最古参メンバーのひとり、田中さんがいた。田中さんは、最近NSR80を手に入れて原2メンバーとなっているが、今日は岡山国際サーキットでスカイラインミーティングの日なのでお見送りに来てくれたのだった。
総社からの井口さんとも合流し、午前9時過ぎ、ツーリングスタート。

46060544_2111177198944781_3118229596441411584_o

やまなみ街道は、赤磐市吉井町から津山市に抜ける広域農道で、非常に快適なルート。コーナーは緩やかではあるがアップダウンはかなりある。先頭は私のベスパPX、2番目は妻のNAVI110だったのだが、インカムから妻の「井口さんキター!」の叫び。

ここから私のPXと井口さんのVNB、ベスパ同士の熾烈なバトルが開始された。

低速トルクのある私のPXは、出足では有利。しかし、BigBoxチャンバー付きのVNBは高回転の伸びが凄い。

サイドバイサイド。

コーナー入口では、イン側の足を降ろし、タイミングを取る。肩から身体全体をインにオフセットし、バンク角を探るがごとく内側の膝を突き出す。(しかし、膝は悲しいほど路面の上空にある)

2台のペスパは互いに譲ることなくコーナーをクリアして行く。

長い上り坂で失速し3速へシフトダウンするPXに、55年モノのVNBが4速のまま襲いかかる。ひたすら上半身を前後に降って勢いを付けようとするが、深く前傾姿勢を取ったVNBに、ついに抜かれてしまう。

上り坂では勝ち目がないと悟ったので、下りで勝負。

PXは前後ドラムブレーキのVNBと違い、現代的なフロントディスクブレーキを装備している。それを活かしてコーナーの奥まで突っ込み、一気に向きを変えラインをクロス…のはずが、立ち上がりの加速力が不足していてイン側に車体を押し込んで行けない。

「もっとパワーを!」

と言いながら、ヘルメットの中ではゲラゲラ笑っていた。公道で危険なレースまがいのことをやっているようだが、実は法定速度内であり、互いの技量をよく知っているからこそ安全に楽しむことのできる茶番劇なのだった。

やまなみ街道を途中で県道52へ右折、柵原へ。航続距離の短い原付2種なので、早めの給油が必要なのだ。しかし、標高が下がり吉井川が近づくにつれて霧がどんどん出てくる。太陽が遮られ、かなり寒い。

給油後吉井川沿いに北上。寒いが、霧の合間に色付いた山々の見える、幻想的な風景の中を突き進む。

ぐーぐる先生に従って津山の街中を無駄に通り抜け、R53から加茂町方面の県道6へと。加茂町に近づくにつれ、霧が晴れて気温が上がっていく。色とりどりの衣装を纏った山が幾重にも重なり、澄んだ水の流れる加茂川には、ゴロゴロとした大きな石が転がっている。県北に来たなぁ、と実感。

サムハラ神社は分かりにくい場所にあり、ナビを使っても辿り着けない人もいると聞いていたが、あっさりと到着。ただ、下から上がっていく石段は途中で崩れているそうで、入口よりさらに奥に行くと小さな駐車場があって、そこからは少し歩くだけで到着できる。

IMG_4974

まずは、金刀比羅神社から参拝。建物の規模はあまり大きくはないが、立派な造りの神社だ。辺りは黄色いイチョウをバックに、真っ赤に輝くモミジがちょうど見頃を迎えている。

45800860_2111177575611410_5255471349463252992_o

46061188_2111177665611401_1043163580997828608_o

金刀比羅神社の右横から、イチョウの絨毯を踏みながら上がると、山頂の展望台に出る。展望台は、高い鉄骨の柱に支えられて上空にあり、そこまで一直線に階段が付いている極めて人工的なもの。まるでバンジージャンプのための踏切台だ。極度の高所恐怖症の私は、勇気を振り絞って一歩一歩上がっていく。上り詰めた展望台は、3畳ほどの広さ。おそるおそる端の手すりまで寄ってあたりを眺める。横から見るとかなり腰が引けていたに違いない。

しかし、なんという絶景。遠くまで連なる山々のシルエットと、煌めく川面。人々の営みを感じる里。県北は艶々とした黒い屋根瓦の家が多い。

45853647_2111177475611420_623259940026318848_o

それにしても、この山頂に来てからずっと感じていること。天気が良くポカポカとした日差しなのだが、それにも増して、どこからともなくふわっと吹いてくる暖かい空気に包まれる。まるでファンヒーターでもあるかのような、柔らかくてしかし明確な、暖かな風。とても不思議な体験だった。

山頂にはさらにコンクリートを敷いたステージのような囲いがあり、ここにはミュージシャン(?)らしき男女が二人、なにかの演奏の準備をしていた。

さて、山頂から降りて、いよいよサムハラ神社にお参りをする。

45853274_2111177762278058_2546791194210336768_o

金刀比羅神社を左手に少し進むと、まだ新しい石の鳥居とサムハラを神字で書いた石柱がある。鳥居をくぐると山肌を少しくり抜いたスペースがあり、そこにサムハラ神社奥の宮の祠がある。

46111167_2111177802278054_2367817110962307072_o

驚くほど小さな祠だが、この辺りの空気は大変に静かで澄んでいる。何百年、何千年と時が過ぎても、なにも変わることの無いような深く静かな空気。

サムハラの4文字と言葉自体にも不思議な力が宿っており、身を守ると言われている。各地の寺社のお守りの呪文にも使われているそうだ。

IMG_4998

さて、パワースポットでしっかりパワーを充電すると、お腹が減ってきた。ここから越畑経由で山越えし、奥津渓に出る予定。あまり険しい道だと困るな、と思いながらしばらく進むと、なんと今年の豪雨による土砂崩れか、全面通行止め。復旧の目処は立っていないようだ。
紅葉はとびきり美しいのを先程見たので、もう満足だ。なので、来た道を戻って津山でお昼を食べることにする。

津山で人気のラーメン店「麺屋大輔」に行ってみる。以前行ったことがあるが、非常に美味しい豚骨ラーメンだった。しかし、到着してみるとものすごい長蛇の列。ここで太田さんから、「先日行った牛骨ラーメンがイケる」との情報。実は私も以前から気になっていたお店だったので、そちらへ移動した。

津山天満屋の裏、「ちゃ~牛」。千屋牛の肉と牛骨、そして野菜を煮込んだ牛白湯スープをベースにした「牛骨ラーメン」が売り。牛骨ラーメンと言えば、鳥取県倉吉地区を中心としたご当地グルメで、以前当クラブでも食べに行ったことがある。なかなか美味しいとは思ったが、脂がお腹を刺激するらしく、食後みんなトイレ送りになってしまったという伝説のツーリングだった。

さて、こちらのお店の牛骨ラーメン。本家倉吉の物より、遥かに旨い。牛肉独特の匂いがあるが、それを臭みと感じさせないほど旨みが勝っている。煮込まれた野菜の甘みも加わり、非常に滑らかで角の丸いスープ。空きっ腹に染み渡るまろやかで深みのある味だった。チャーシューの代わりに、焼いたカルビが載っているが、これをローストビーフに変え、ゆず胡椒をテーブルに置いてくれたら、もうパーフェクトではないだろうか。(テーブルの上にあるラー油は合わない)

45876405_2111177875611380_1785389261810302976_o

また、セットの肉巻き焼きおにぎりがまた、よく合う。甘めのタレで焼いた肉を巻いているが、ご飯には紅しょうがが刻んで混ぜ込んであり、味を引き締めている。

食後、皆さんに散策を勧め、私は天満屋のトイレへ。胆嚢を持っていないので、人一倍脂に弱い体質なのだ。そのあまりに早い身体の反応に、自ら「コールアンドレスポンス岡本」と名乗ることにした。

珈琲倶楽部花紋でコーヒーを飲み、一息。早くも帰路につく。家には16時くらいに到着しそうだ。R53を南下し、中島ブロイラーへ寄るつもりだったが、これまたとんでもない列をなしていたのでパス。

IMG_5008

ポカポカとした日差しを浴びながら南へ。そのまま御津で流れ解散となった。

昨今、パワースポット巡りがブームだと言う。サムハラ神社にも、多くの人々が訪れていた。私達も、特に日本神道に帰依している者ではないし、スピリチュアルな事柄に強い興味を持っている訳でもない。単にブームに乗っているだけだと言われれば、その通りかも知れない。

しかし、パワースポットと言われる所に行くと、霊的鈍感者の私でも何かしら感じるものがある。

サムハラ神社で感じたものは「ひたすらの静謐」だった。

悠久の時に目を向けて、心を穏やかにしよう。誰かに悪い感情を持ち続けたり、自分自身を卑下したりするのは、長い時間の中ではなんと無意味なことか。

そんな気持ちに、なった。

広告
オリジナルアイテム, ブックカバー, 革小物, 商品のご案内

こだわりという言葉

いつの間にか、世の中には「こだわり」という言葉が、あふれるようになっていました。

飲食店に行けば「こだわりのスープ」「素材へのこだわり」「伝統の技法にこだわる」などの言葉があちこちに見られますし、ネットショップでは、商品の良さをアピールする常套句としてやたらと目にします。

gpfd_0f292b18c533af6993099af85538b2329f5ae736

しかし、元々「拘る」という言葉は

「ひとつのことに強く思い入れたり、執着すること。固執」
「心が何かにとらわれて、自由に考えることができなくなること。拘泥」

などの、ネガティブな意味を持つ言葉でした。

それが、昨今では

「信念を持って追求する」

というようなポジティブな意味に転じてきています。

言葉というものは、時代とともに変わっていくものですから、その意味の変遷に拘る(笑)必要はないと思います。

しかし、世の中にあふれている「こだわり」には、「とりあえずキャッチコピーに入れておけば、何かプレミアム感が出るんじゃないか」というような雰囲気で乱発されているようにさえ感じてしまいます。

そういうことで、私自身は極力「こだわり」という言葉を、使わないようにしています。

とはいえ、じつは、私の販売サイトの商品説明でも、「こだわり」という言葉を使っているところがあります。
作り手の方が、特別な思いを込めているモノ・部分などを、ご本人が「こだわり」と表現している時は、そのまま使っているのです。

oyadica-bc1_9

たとえば、絶賛発売中のOyadica-writeworks革製文庫本カバーHOLESも、とくに素材の革については非常に吟味したものを使用しており、それを分かりやすく

「レザー製品のヘビーユーザーであるバイク乗りのこだわり」

と表現しています。

革製品では「植物タンニンなめしにこだわった」と表現しているものを、多く見かけます。(当店で販売しているものにもあります)

まずは、「なめし」って何かと言うと、動物の皮はそのままだと固くなったり腐敗してしまったりするものなので、「皮」のコラーゲン繊維になめし剤を結合させこれらを防ぎ、柔らかくして「革」に変化させること。

そのなめし剤に、植物由来のものを使うのが「植物タンニンなめし」、塩基性硫酸を使うのが「クロムなめし」です。oyadica-bc1_14

「植物タンニンなめし」には、使い込むほど艶や馴染みが出るという特徴があり、「クロムなめし」は強くて柔軟でソフト感があるという特徴があります。

Oyadica-writeworks革製文庫本カバーHOLESで使用している革は、そのなめし工程の9割以上が植物タンニンなめしを使用。ですが、クロムなめしもわずかに使っている「コンビネーションなめし」と言われるもの。

ブックカバーは、本を読んでいる間、ずっと人の手に触れています。

そのため、吸水性が低くないとシミ汚れになりますし、かつ、柔軟でなければページを捲りにくくなります。それでいて、使うごとに馴染んでいって使いやすくなっていかなければなりません。

そのため、両方のなめしの良さを活かした革を選びました。革の質感と扱いやすさ、重さ、厚みも非常に吟味しています。

その思い入れ含め「こだわり」とあえて表現させていただきました。oyadica-bc1_2

本革の製品は、決して安価ではないですから、買っていただいたあとも、使っていくうちにどんどん満足感や愛着が湧いていくものになるよう、想いを込めています。

Oyadica-writeworks 革製文庫本カバー HOLES

サイズ:W112×H165mm
素材:牛革・帆布
価格:5,800円(税込み・送料別)

ご購入はこちらまで。

writeworksbana2017_yahoo

Facebookからもご購入可能です。

オリジナルアイテム, ブックカバー, 革小物, 商品のご案内

見られるブックカバー

サクラの開花情報も聞こえてき始めた今日このごろ。
4月からの新生活の準備をはじめている方もいらっしゃるでしょう。

電車や道路が混雑し始めるのも、この時期ならではの光景。

混雑した電車に乗っていると、無意識になんとなく、眼の前にいる人の広げている本が、どんな本なのか見てしまいませんか?

ブックカバーを愛用する派の理由の多くは、この視線から本を隠すためだと言われています。

逆に、ブックカバーを使わない派は、「装丁が楽しめないから」という理由も大きいようです。

そこで、Oyadica-writeworks革製文庫本カバーは、それを両立させることを考えました。

オモテ表紙の3連の穴から色鮮やかな帆布が覗く、オシャレなデザインポイントですが、帆布と革の間に文庫本のオモテ表紙を差し込むことにより、文庫本の装丁の一部を見ることができます。oyadica-bc1_7これによって、本のタイトルの一部が分かったり、美しい装丁の一部を楽しんだりすることが出来ます。
装丁を隠したいときや、鮮やかな帆布の色を楽しみたい時は、差し込むところを変えるだけ。

oyadica-bc1_15

また、カバンの中に他のものと一緒に本を入れていて、開いてしまって折り目がついたり、小口が潰れたりしたことはありませんか?

ブックカバー使う派の方から、これをどうにか解決したい、という声が多く聞かれました。
輪ゴムで留めるのも、格好は良くないですしね。oyadica_book028wこのブックカバーには、綴るための差し込みベルトがあります。ウラ表紙の切り欠きに、サッと差し込むだけのシンプルな綴じ方。

カバー全体には、国内有数のタンナーが集中する兵庫県姫路市のレザーを使用していますが、差し込み先端のみ、硬さの違う栃木レザーを合わせて使用しています。

手間のかかる製法ですが、柔らかくしなやかな革でも抜けにくいようにした配慮です。

oyadica-bc1_3

さらに、本を読んでいる時(広げている時)、意外とじゃまになるのが栞。

上の写真でおわかりになるように、オモテ表紙折り返しには、ポケットを設けており、栞などを差し込んでおくことが出来ます。

出掛けた先で、本を広げる。

区切りの良いところまで読んだら、ポケットに差し込んでおいた栞をはさみ、本を閉じる。

差し込みベルトをウラ表紙側に。ぽん、とバッグの中に、ブックカバーを入れて仕舞う。

一連の動作がスムーズでスマートにできるのは、本当に使い勝手を考え抜いて作られているからです。

本好きの人に、ぜひとことん使い倒していただきたい一品です。

次回は、こだわり抜いた革について、詳しくご説明してまいります。

oyadica_book031

Oyadica-writeworks 革製文庫本カバー HOLES

サイズ:W112×H165mm
素材:牛革・帆布
価格:5,800円(税込み・送料別)

ご購入はこちらまで。

writeworksbana2017_yahoo

Facebookからもご購入可能です。

オリジナルアイテム, ブックカバー, 革小物, 商品のご案内

本好きのためのブックカバー

以前よりブログでお伝えしていた、オリジナルのブックカバーをついに発売いたしました。

デザインユニット”Oyadica”とライトワークスが共同開発した、「革製文庫本カバー HOLES」。

パット見、鮮やかなドット柄が目を引くので、可愛い印象。しかし、実は本好きの皆さんの意見を取り入れて使いやすいよう工夫を凝らしています。oyadica_book023w
オモテ表紙側に設けたドット穴は、デザイン上のポイントとなっているだけでなく、表紙を差し込むところを変えることによって、本のタイトルや装丁が覗くように出来ます。

カバーの中にどの本が入っているか分かるようにも出来るし、見せたくない時には見えないようにすることも出来ます。

このドットの大きさや、穴の塞ぎ方なども、Oyadicaとwriteworksで色々と意見を交わしながら決めたもの。ようやく正解にたどり着いた気がします。

oyadica-bc1_4oyadica_book027w

オモテ表紙側の差し込みを、裏表紙側のスリットに差し込むことによって、カバンの中で本が開いてしまうことを防ぎます。
差し込み先端は、革の種類を変えて縫い合せ、差し込みやすく、また抜けにくくしています。

この綴じ方も、以前ブログでご紹介したように、色々な案を出し合って決めました。最終的には、差し込みの先端に、硬さの違う栃木レザーを縫い合わせるというカタチに。手間がかかりますが、見た目のよさ、構造のシンプルさ、使い勝手の良さから採用となりました。

oyadica_book32

革の質にもこだわっています。その革についてのご説明は、また後日。。。

間違いなく長年ご愛用いただける製品に仕上がりました。僕自身、とても気に入っています。

Oyadica-writeworks 革製文庫本カバー HOLES

サイズ:W112×H165mm
素材:牛革・帆布
価格:5,800円(税込み・送料別)

ご購入はこちらまで。

writeworksbana2017_yahoo

告知

サイトのお引越し

このたび、メインのECサイトを楽天市場からYahooショッピングに引っ越しをすることとなりました。

ライトワークスYhaoo店

yahootoppage.jpg

現在まだ、商品名などを楽天仕様(検索ワード羅列で見にくい)から、Yahoo仕様のシンプルで分かりやすいものに変更作業中ですが、すでにページ自体は始動しております。
また、取扱商品に変わりはありません。

そして今後は、移転とともに、このブログで記事にしていたオリジナル商品を展開してまいります。

第一弾のブックカバーはすでに製品として完成。
すごくいいものに仕上がりましたので、発売をお楽しみに。

oyadica_bookblue003.jpg

今後ともライトワークスをよろしくお願いいたします。

 

ビジネスノウハウ, 告知

なりすましECサイト被害の対処方法

当店「ライトワークス」の店名と住所を勝手に使用した詐欺サイトが出現!

各務原市役所消費者センターからの連絡で発覚いたしました。
当店は革製品などの雑貨屋ですが、そのなりすましサイト「stlebar.online」は、自動車用品販売サイトです。

この冬の大寒波襲来により、慌てて高級外車用のスタッドレスタイヤをこのサイトで購入。「銀行振込なら最短でお届けできます」との言葉に、高額な代金を振り込むも、商品はいくら待っても届かず。

という被害に遭われた方が、お気の毒にもいらっしゃるようです。

昨今、このような、なりすましECサイトでの詐欺被害が急増しているようです。

昨年4月-5月には、Amazonでのマーケットプレイス休止サイト乗っ取りによる激安商品詐欺事件が頻発しました。

実は、当店も自社オリジナル商品(地元のフラワーデザイナー製作よるプリザーブドフラワー)の商品情報をコピーされ、乗っ取りサイトで激安販売(もちろん、買っても商品は届きません)されるという被害に遭いました。

 

さて、このような被害に遭った場合、どうすればよいか?

ECサイト運営者の方向けの対処方法を以下に記しておきます。

その1
そのなりすましECサイトが、楽天市場、Amazon、YahooなどのECショッピングモールの場合、まずは、ショッピングモール運営者の方に通報いたしましょう。

その2
EC関連の犯罪対策をしている各サイトに連絡・相談しましょう。
以下、連絡先です。

■ 公益社団法人日本通信販売協会(JADMA)

通信販売を行う企業(正会員)489社と通販関連企業(賛助会員)206社の計695社が加入している、EC関連の最も大きな団体です。
まずはこちらに通報を。
対策マニュアルを送ってくれたり、なりすましサイトの経済産業省への通報を行ってくれます。

jadma

 

■ 一般社団法人セーファーインターネット協会

Yahooが主体となって設立された、インターネットの悪用を抑え自由なインターネット環境を護るために、悪用に対する実効的な対策を立案し実行していく団体です。
TOPページに「なりすましECサイト対策協議会」のページへのリンクが有り、対策方法やマニュアル、文例集が充実しています。

sia

 

■ 一般社団法人日本サイバー犯罪対策センター

上記のセーファーインターネット協会に通報すると、自動的にこちらにも情報が飛ぶように設定されているようです。

jc3

 

■ 各自治体の警察のサイバー犯罪対策課

https://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm
こちらに連絡すれば、ウイルス対策ソフトを作っている各メーカーに連絡が行き、対策ソフトによって閲覧できないようブロックすることが出来るようになります。

ただ、根本的に摘発は難しく、イタチごっこというのが現状のようです。また、一度悪用されたサイトは、再度悪用されることが多く、時々自分で自社の情報を検索して見る必要があるとのことでした。

その3
自社サイトに、お客様向け注意喚起文を載せる。

その4
当該偽サイトに、警告文を送る。

その5
ホスティングプロバイダへは丁寧に削除依頼を出しましょう。
aguseというサイトでURLを検索すれば、そのサイトの概要が解析できます。

・いつドメインを取得したか?
・最新の更新日はいつか?
・どのようなソフトで構築しているか?
・どこにドメイン・サーバーがあるか?
・どのような検索キーワードが入っているか?
・マルウェア等は仕込まれていないか?
等々がざっくりと分かります。

ちなみに、今回の偽サイトは、サーバーはアリゾナにあり、ドメインを取得したのは2017年10月末。キーワードは高級ブランド時計激安を謳っているにも関わらず、サイトでは自動車部品・用品を販売。サイト構築はZenカート中国。
まったく怪しいサイトであることがわかります。

 

なりすまされた EC サイト運営者も被害者です。

しかし、何も対策せずに放っておくと、
 売上減少
 信用失墜
 被害者からのクレーム・問合せが殺到
という事態に陥ります。イメージダウンによって信用が落ちてしまいかねません。

積極的に対策をいたしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

カレンダー, 革小物, 食れぽ, 食れぽ 岡山市, 商品のご案内

リーズナブルフレンチ

久しぶりに美味しいお店紹介の記事です。

もう10数年通い続けている、カジュアルフレンチのお店

グリルリンドー。

ここの日替わりランチは税込1,000円でありながら、魚料理と肉料理の両方が味わえる、ダブルメイン。

こう言うと、よく「魚料理と肉料理どちらかを選ぶ」と勘違いされるのですが、そうではありません。

両方が一度に味わえるのです。

まずはスープ。

この日はえんどう豆のポタージュ。優しい味ですが、しっかりとしたコクがあります。

魚料理は、サワラのフリット。サワラはカリッと香ばしく、身はフワッと仕上がっています。サワラって実は美味しい魚なんですよね。ホワイトソースは全てパンですくって食べたいくらい。

肉料理は、鶏もも肉のピッツァ風。鶏肉が柔らかくてジューシー!トマトソースも複雑な奥深い味わいです。

こちらは、オプションのデザート。

デザートと飲み物を付けると、+600円の1,600円(Cランチ)になりますが、ここのケーキは是非食べていただきたい!!

ケーキ屋さんのケーキよりも圧倒的に美味しいんです。

この日のチョイスは、イチゴの生ケーキ。

生クリームはフワッフワで口の中で溶けてなくなり、まったくしつこさがない。

シャインマスカットの甘みとイチゴの酸味が素晴らしいハーモニー。

他にも数種類のケーキが用意されており、今までハズレだったことは一度もありません。

今どき、カレーやラーメン一杯で1,000円以上するのも珍しくなくなりましたが、これ程手の込んだフレンチを、たった1,000円で提供するこちらのシェフ、マジ神です。

グリルリンドー
岡山県岡山市南区福富西2丁目6−6


今年もいよいよ、残り1ヶ月。
来年のカレンダーを準備している方も多いことでしょう。
お仕事用に、こんなカレンダーはいかがですか?

ymsk-5weeks2
革製のカレンダーホルダー。
上下2段になっており、2ヶ月分の予定を一度に見ることが出来ます。

今時、予定はスマホで管理する方も多い(私自身もそうです)と思いますが、思いつくまま自由に書き込んだり、強調したり、マークをつけたり…という自由度では、紙に勝るものはありません。

デスクの引き出しにどうぞ。

YAMASAKI DESIGN WORKS カレンダー 5Weeks×2
サイズ:H312×W230mm
カラーバリエーション:ブラウン・ブラック
牛革製
価格:5,400円 (税込)

ご購入はこちらまで

writeworksbana2017_3