ビジネスノウハウ, 告知

なりすましECサイト被害の対処方法

当店「ライトワークス」の店名と住所を勝手に使用した詐欺サイトが出現!

各務原市役所消費者センターからの連絡で発覚いたしました。
当店は革製品などの雑貨屋ですが、そのなりすましサイト「stlebar.online」は、自動車用品販売サイトです。

この冬の大寒波襲来により、慌てて高級外車用のスタッドレスタイヤをこのサイトで購入。「銀行振込なら最短でお届けできます」との言葉に、高額な代金を振り込むも、商品はいくら待っても届かず。

という被害に遭われた方が、お気の毒にもいらっしゃるようです。

昨今、このような、なりすましECサイトでの詐欺被害が急増しているようです。

昨年4月-5月には、Amazonでのマーケットプレイス休止サイト乗っ取りによる激安商品詐欺事件が頻発しました。

実は、当店も自社オリジナル商品(地元のフラワーデザイナー製作よるプリザーブドフラワー)の商品情報をコピーされ、乗っ取りサイトで激安販売(もちろん、買っても商品は届きません)されるという被害に遭いました。

 

さて、このような被害に遭った場合、どうすればよいか?

ECサイト運営者の方向けの対処方法を以下に記しておきます。

その1
そのなりすましECサイトが、楽天市場、Amazon、YahooなどのECショッピングモールの場合、まずは、ショッピングモール運営者の方に通報いたしましょう。

その2
EC関連の犯罪対策をしている各サイトに連絡・相談しましょう。
以下、連絡先です。

■ 公益社団法人日本通信販売協会(JADMA)

通信販売を行う企業(正会員)489社と通販関連企業(賛助会員)206社の計695社が加入している、EC関連の最も大きな団体です。
まずはこちらに通報を。
対策マニュアルを送ってくれたり、なりすましサイトの経済産業省への通報を行ってくれます。

jadma

 

■ 一般社団法人セーファーインターネット協会

Yahooが主体となって設立された、インターネットの悪用を抑え自由なインターネット環境を護るために、悪用に対する実効的な対策を立案し実行していく団体です。
TOPページに「なりすましECサイト対策協議会」のページへのリンクが有り、対策方法やマニュアル、文例集が充実しています。

sia

 

■ 一般社団法人日本サイバー犯罪対策センター

上記のセーファーインターネット協会に通報すると、自動的にこちらにも情報が飛ぶように設定されているようです。

jc3

 

■ 各自治体の警察のサイバー犯罪対策課

https://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm
こちらに連絡すれば、ウイルス対策ソフトを作っている各メーカーに連絡が行き、対策ソフトによって閲覧できないようブロックすることが出来るようになります。

ただ、根本的に摘発は難しく、イタチごっこというのが現状のようです。また、一度悪用されたサイトは、再度悪用されることが多く、時々自分で自社の情報を検索して見る必要があるとのことでした。

その3
自社サイトに、お客様向け注意喚起文を載せる。

その4
当該偽サイトに、警告文を送る。

その5
ホスティングプロバイダへは丁寧に削除依頼を出しましょう。
aguseというサイトでURLを検索すれば、そのサイトの概要が解析できます。

・いつドメインを取得したか?
・最新の更新日はいつか?
・どのようなソフトで構築しているか?
・どこにドメイン・サーバーがあるか?
・どのような検索キーワードが入っているか?
・マルウェア等は仕込まれていないか?
等々がざっくりと分かります。

ちなみに、今回の偽サイトは、サーバーはアリゾナにあり、ドメインを取得したのは2017年10月末。キーワードは高級ブランド時計激安を謳っているにも関わらず、サイトでは自動車部品・用品を販売。サイト構築はZenカート中国。
まったく怪しいサイトであることがわかります。

 

なりすまされた EC サイト運営者も被害者です。

しかし、何も対策せずに放っておくと、
 売上減少
 信用失墜
 被害者からのクレーム・問合せが殺到
という事態に陥ります。イメージダウンによって信用が落ちてしまいかねません。

積極的に対策をいたしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

広告
ビジネスノウハウ, 商品のご案内

スマートに書類を持ち歩き

会議・勉強会・プレゼンなど、ビジネスシーンにはレジュメが溢れています。

その書類をカバンの中などでまとめるのに便利なのが、クリアホルダー。企業のロゴ入りのノベルティとしても活用されていますし、百均では10枚入りなどで購入できますよね。

このクリアーホルダーだけを持ち歩くのは、あまりカッコよくないですよね。なので、通常はビジネスバッグの中に入れて持ち歩くと思います。

しかし、商談の時はどうでしょう?

カバンを開け、目的のクリアホルダーを探し出し…
相手の方にとって、その取り出すときの間(ま)は、わりと心地よくないものです。

しかし、これをもっと素早くスマートに取り出せば、ビジネスシーンのテンポがよくなるのでは?

ydh1

そこでお勧めするのが、ヤマサキデザインワークスのドキュメントホルダー。

商談の際、またはプレゼンの際、これだけを持って臨む。
目的の資料や見積書をさっと取り出し、テンポよく商談を展開する。

とてもスマートな印象を与えます。

マチがないので、本当に最小限の書類を入れるための仕様。留めもホックやファスナーを使わず、フラップを交差させるだけ。

素材の合成皮革は、6年間の手荒い使用にも耐え抜く耐久性を持つランドセルに使われているもの。

合皮なので、本革のような経年変化を楽しむことは出来ませんが、そのかわり非常に軽いですし、汚れたら水拭きすることも可能です。

IMG_7669

この写真は、私自身が8年位毎日愛用しているものです。(色は廃版のブラウンです)

さすがにフチの部分は傷んできていますが、まだまだしっかりとしています。

私の場合、ご覧のようにiPadを入れて持ち歩いています。書類と一緒に入れるのに、ちょうどいい大きさなんですよね。

このドキュメントホルダーから書類を取り出す瞬間、もうプレゼンは始まっています。

あなた自身という人物のプレゼンが。


 

YAMASAKI DESIGN WORKS ドキュメントホルダー

サイズ:H360×W265mm
材質:合成皮革(ポリウレタン)
生産国:日本製
パッケージ:化粧箱
カラー:ブラック・ベージュ
価格:5,000円(税・送料別)

身近なビジネスマンへのプレゼントとしても人気です。

ご購入は、以下のサイトまで。
writeworksbana2017_3