オリジナルアイテム, ブックカバー, 革小物, 商品のご案内

こだわりという言葉

いつの間にか、世の中には「こだわり」という言葉が、あふれるようになっていました。

飲食店に行けば「こだわりのスープ」「素材へのこだわり」「伝統の技法にこだわる」などの言葉があちこちに見られますし、ネットショップでは、商品の良さをアピールする常套句としてやたらと目にします。

gpfd_0f292b18c533af6993099af85538b2329f5ae736

しかし、元々「拘る」という言葉は

「ひとつのことに強く思い入れたり、執着すること。固執」
「心が何かにとらわれて、自由に考えることができなくなること。拘泥」

などの、ネガティブな意味を持つ言葉でした。

それが、昨今では

「信念を持って追求する」

というようなポジティブな意味に転じてきています。

言葉というものは、時代とともに変わっていくものですから、その意味の変遷に拘る(笑)必要はないと思います。

しかし、世の中にあふれている「こだわり」には、「とりあえずキャッチコピーに入れておけば、何かプレミアム感が出るんじゃないか」というような雰囲気で乱発されているようにさえ感じてしまいます。

そういうことで、私自身は極力「こだわり」という言葉を、使わないようにしています。

とはいえ、じつは、私の販売サイトの商品説明でも、「こだわり」という言葉を使っているところがあります。
作り手の方が、特別な思いを込めているモノ・部分などを、ご本人が「こだわり」と表現している時は、そのまま使っているのです。

oyadica-bc1_9

たとえば、絶賛発売中のOyadica-writeworks革製文庫本カバーHOLESも、とくに素材の革については非常に吟味したものを使用しており、それを分かりやすく

「レザー製品のヘビーユーザーであるバイク乗りのこだわり」

と表現しています。

革製品では「植物タンニンなめしにこだわった」と表現しているものを、多く見かけます。(当店で販売しているものにもあります)

まずは、「なめし」って何かと言うと、動物の皮はそのままだと固くなったり腐敗してしまったりするものなので、「皮」のコラーゲン繊維になめし剤を結合させこれらを防ぎ、柔らかくして「革」に変化させること。

そのなめし剤に、植物由来のものを使うのが「植物タンニンなめし」、塩基性硫酸を使うのが「クロムなめし」です。oyadica-bc1_14

「植物タンニンなめし」には、使い込むほど艶や馴染みが出るという特徴があり、「クロムなめし」は強くて柔軟でソフト感があるという特徴があります。

Oyadica-writeworks革製文庫本カバーHOLESで使用している革は、そのなめし工程の9割以上が植物タンニンなめしを使用。ですが、クロムなめしもわずかに使っている「コンビネーションなめし」と言われるもの。

ブックカバーは、本を読んでいる間、ずっと人の手に触れています。

そのため、吸水性が低くないとシミ汚れになりますし、かつ、柔軟でなければページを捲りにくくなります。それでいて、使うごとに馴染んでいって使いやすくなっていかなければなりません。

そのため、両方のなめしの良さを活かした革を選びました。革の質感と扱いやすさ、重さ、厚みも非常に吟味しています。

その思い入れ含め「こだわり」とあえて表現させていただきました。oyadica-bc1_2

本革の製品は、決して安価ではないですから、買っていただいたあとも、使っていくうちにどんどん満足感や愛着が湧いていくものになるよう、想いを込めています。

Oyadica-writeworks 革製文庫本カバー HOLES

サイズ:W112×H165mm
素材:牛革・帆布
価格:5,800円(税込み・送料別)

ご購入はこちらまで。

writeworksbana2017_yahoo

Facebookからもご購入可能です。

広告
オリジナルアイテム, ブックカバー, 革小物, 商品のご案内

見られるブックカバー

サクラの開花情報も聞こえてき始めた今日このごろ。
4月からの新生活の準備をはじめている方もいらっしゃるでしょう。

電車や道路が混雑し始めるのも、この時期ならではの光景。

混雑した電車に乗っていると、無意識になんとなく、眼の前にいる人の広げている本が、どんな本なのか見てしまいませんか?

ブックカバーを愛用する派の理由の多くは、この視線から本を隠すためだと言われています。

逆に、ブックカバーを使わない派は、「装丁が楽しめないから」という理由も大きいようです。

そこで、Oyadica-writeworks革製文庫本カバーは、それを両立させることを考えました。

オモテ表紙の3連の穴から色鮮やかな帆布が覗く、オシャレなデザインポイントですが、帆布と革の間に文庫本のオモテ表紙を差し込むことにより、文庫本の装丁の一部を見ることができます。oyadica-bc1_7これによって、本のタイトルの一部が分かったり、美しい装丁の一部を楽しんだりすることが出来ます。
装丁を隠したいときや、鮮やかな帆布の色を楽しみたい時は、差し込むところを変えるだけ。

oyadica-bc1_15

また、カバンの中に他のものと一緒に本を入れていて、開いてしまって折り目がついたり、小口が潰れたりしたことはありませんか?

ブックカバー使う派の方から、これをどうにか解決したい、という声が多く聞かれました。
輪ゴムで留めるのも、格好は良くないですしね。oyadica_book028wこのブックカバーには、綴るための差し込みベルトがあります。ウラ表紙の切り欠きに、サッと差し込むだけのシンプルな綴じ方。

カバー全体には、国内有数のタンナーが集中する兵庫県姫路市のレザーを使用していますが、差し込み先端のみ、硬さの違う栃木レザーを合わせて使用しています。

手間のかかる製法ですが、柔らかくしなやかな革でも抜けにくいようにした配慮です。

oyadica-bc1_3

さらに、本を読んでいる時(広げている時)、意外とじゃまになるのが栞。

上の写真でおわかりになるように、オモテ表紙折り返しには、ポケットを設けており、栞などを差し込んでおくことが出来ます。

出掛けた先で、本を広げる。

区切りの良いところまで読んだら、ポケットに差し込んでおいた栞をはさみ、本を閉じる。

差し込みベルトをウラ表紙側に。ぽん、とバッグの中に、ブックカバーを入れて仕舞う。

一連の動作がスムーズでスマートにできるのは、本当に使い勝手を考え抜いて作られているからです。

本好きの人に、ぜひとことん使い倒していただきたい一品です。

次回は、こだわり抜いた革について、詳しくご説明してまいります。

oyadica_book031

Oyadica-writeworks 革製文庫本カバー HOLES

サイズ:W112×H165mm
素材:牛革・帆布
価格:5,800円(税込み・送料別)

ご購入はこちらまで。

writeworksbana2017_yahoo

Facebookからもご購入可能です。

オリジナルアイテム, ブックカバー, 革小物, 商品のご案内

本好きのためのブックカバー

以前よりブログでお伝えしていた、オリジナルのブックカバーをついに発売いたしました。

デザインユニット”Oyadica”とライトワークスが共同開発した、「革製文庫本カバー HOLES」。

パット見、鮮やかなドット柄が目を引くので、可愛い印象。しかし、実は本好きの皆さんの意見を取り入れて使いやすいよう工夫を凝らしています。oyadica_book023w
オモテ表紙側に設けたドット穴は、デザイン上のポイントとなっているだけでなく、表紙を差し込むところを変えることによって、本のタイトルや装丁が覗くように出来ます。

カバーの中にどの本が入っているか分かるようにも出来るし、見せたくない時には見えないようにすることも出来ます。

このドットの大きさや、穴の塞ぎ方なども、Oyadicaとwriteworksで色々と意見を交わしながら決めたもの。ようやく正解にたどり着いた気がします。

oyadica-bc1_4oyadica_book027w

オモテ表紙側の差し込みを、裏表紙側のスリットに差し込むことによって、カバンの中で本が開いてしまうことを防ぎます。
差し込み先端は、革の種類を変えて縫い合せ、差し込みやすく、また抜けにくくしています。

この綴じ方も、以前ブログでご紹介したように、色々な案を出し合って決めました。最終的には、差し込みの先端に、硬さの違う栃木レザーを縫い合わせるというカタチに。手間がかかりますが、見た目のよさ、構造のシンプルさ、使い勝手の良さから採用となりました。

oyadica_book32

革の質にもこだわっています。その革についてのご説明は、また後日。。。

間違いなく長年ご愛用いただける製品に仕上がりました。僕自身、とても気に入っています。

Oyadica-writeworks 革製文庫本カバー HOLES

サイズ:W112×H165mm
素材:牛革・帆布
価格:5,800円(税込み・送料別)

ご購入はこちらまで。

writeworksbana2017_yahoo

カレンダー, 革小物, 食れぽ, 食れぽ 岡山市, 商品のご案内

リーズナブルフレンチ

久しぶりに美味しいお店紹介の記事です。

もう10数年通い続けている、カジュアルフレンチのお店

グリルリンドー。

ここの日替わりランチは税込1,000円でありながら、魚料理と肉料理の両方が味わえる、ダブルメイン。

こう言うと、よく「魚料理と肉料理どちらかを選ぶ」と勘違いされるのですが、そうではありません。

両方が一度に味わえるのです。

まずはスープ。

この日はえんどう豆のポタージュ。優しい味ですが、しっかりとしたコクがあります。

魚料理は、サワラのフリット。サワラはカリッと香ばしく、身はフワッと仕上がっています。サワラって実は美味しい魚なんですよね。ホワイトソースは全てパンですくって食べたいくらい。

肉料理は、鶏もも肉のピッツァ風。鶏肉が柔らかくてジューシー!トマトソースも複雑な奥深い味わいです。

こちらは、オプションのデザート。

デザートと飲み物を付けると、+600円の1,600円(Cランチ)になりますが、ここのケーキは是非食べていただきたい!!

ケーキ屋さんのケーキよりも圧倒的に美味しいんです。

この日のチョイスは、イチゴの生ケーキ。

生クリームはフワッフワで口の中で溶けてなくなり、まったくしつこさがない。

シャインマスカットの甘みとイチゴの酸味が素晴らしいハーモニー。

他にも数種類のケーキが用意されており、今までハズレだったことは一度もありません。

今どき、カレーやラーメン一杯で1,000円以上するのも珍しくなくなりましたが、これ程手の込んだフレンチを、たった1,000円で提供するこちらのシェフ、マジ神です。

グリルリンドー
岡山県岡山市南区福富西2丁目6−6


今年もいよいよ、残り1ヶ月。
来年のカレンダーを準備している方も多いことでしょう。
お仕事用に、こんなカレンダーはいかがですか?

ymsk-5weeks2
革製のカレンダーホルダー。
上下2段になっており、2ヶ月分の予定を一度に見ることが出来ます。

今時、予定はスマホで管理する方も多い(私自身もそうです)と思いますが、思いつくまま自由に書き込んだり、強調したり、マークをつけたり…という自由度では、紙に勝るものはありません。

デスクの引き出しにどうぞ。

YAMASAKI DESIGN WORKS カレンダー 5Weeks×2
サイズ:H312×W230mm
カラーバリエーション:ブラウン・ブラック
牛革製
価格:5,400円 (税込)

ご購入はこちらまで

writeworksbana2017_3

革小物, 商品のご案内

ブックカバーのすすめ

読書の秋ですね。皆さんは、ブックカバーを付ける派ですか?付けない派ですか?

付けない派の理由は

・装丁のデザインを目で楽しみたいから

・ピッタリのカバーでないと逆に持ちにくいから

・本の手触りが楽しめないから

カバーを付ける派の理由は、

・持ち歩いても本が痛みにくいから

・何を読んでいるか、人から見られたくないから

ということが上げられるようです。

どちらもなるほど、という意見なのですが、ブックカバー、ここではあえて、付けることをオススメします。

DSC_0888

お勧めするのは、本革製のブックカバー。

使い込んでいくうちに革が馴染み、風合いが増していくことで、ブックカバーそのものに持ち物としての愛着感が増し、本を読むという楽しみに、このカバーを使うという楽しみが付加されます。

また、その愛着あるカバーを開くことで、日常から本の世界への切り替えスイッチとなります。

写真は、KAKURAのブックカバー。

上質なタンニンなめしのヌメ革を使用しており、装着感をかるくするため、裏地は貼っていません。

DSC_0892

DSC_08931

本によって厚みの違いがあるので、左側は袋状になっておらず、ベルトを通して折り返しで調整するようになっています。

DSC_0889

栞には先端に可愛い丸型のチャームが。

DSC_0899

本革なので、牛の生前傷、シワ、血筋、ムラなどがありますが、それ込みで愛するのが、ヌメ革の製品を愛用する流儀というものです。

最近、当店では贈り物としてこのブックカバーが非常に人気です。

DSC_0883

きれいな白い化粧箱入り。贈られる方にもきっとご満足いただけます。

サイズは文庫本サイズと新書サイズの2種類ございます。

レザーブックカバーbunko

サイズ:W112×H162mm
アンティークブラウン・ブラック:5,500円(税別)
レッド:6,500円

レザーブックカバーShinsyo

サイズ:W125×H185mm
アンティークブラウン・ブラック:6,500円(税別)
レッド:7,500円

ご購入はこちらまで

writeworksbana2017_3

 

 

ビジネスノウハウ, 商品のご案内

スマートに書類を持ち歩き

会議・勉強会・プレゼンなど、ビジネスシーンにはレジュメが溢れています。

その書類をカバンの中などでまとめるのに便利なのが、クリアホルダー。企業のロゴ入りのノベルティとしても活用されていますし、百均では10枚入りなどで購入できますよね。

このクリアーホルダーだけを持ち歩くのは、あまりカッコよくないですよね。なので、通常はビジネスバッグの中に入れて持ち歩くと思います。

しかし、商談の時はどうでしょう?

カバンを開け、目的のクリアホルダーを探し出し…
相手の方にとって、その取り出すときの間(ま)は、わりと心地よくないものです。

しかし、これをもっと素早くスマートに取り出せば、ビジネスシーンのテンポがよくなるのでは?

ydh1

そこでお勧めするのが、ヤマサキデザインワークスのドキュメントホルダー。

商談の際、またはプレゼンの際、これだけを持って臨む。
目的の資料や見積書をさっと取り出し、テンポよく商談を展開する。

とてもスマートな印象を与えます。

マチがないので、本当に最小限の書類を入れるための仕様。留めもホックやファスナーを使わず、フラップを交差させるだけ。

素材の合成皮革は、6年間の手荒い使用にも耐え抜く耐久性を持つランドセルに使われているもの。

合皮なので、本革のような経年変化を楽しむことは出来ませんが、そのかわり非常に軽いですし、汚れたら水拭きすることも可能です。

IMG_7669

この写真は、私自身が8年位毎日愛用しているものです。(色は廃版のブラウンです)

さすがにフチの部分は傷んできていますが、まだまだしっかりとしています。

私の場合、ご覧のようにiPadを入れて持ち歩いています。書類と一緒に入れるのに、ちょうどいい大きさなんですよね。

このドキュメントホルダーから書類を取り出す瞬間、もうプレゼンは始まっています。

あなた自身という人物のプレゼンが。


 

YAMASAKI DESIGN WORKS ドキュメントホルダー

サイズ:H360×W265mm
材質:合成皮革(ポリウレタン)
生産国:日本製
パッケージ:化粧箱
カラー:ブラック・ベージュ
価格:5,000円(税・送料別)

身近なビジネスマンへのプレゼントとしても人気です。

ご購入は、以下のサイトまで。
writeworksbana2017_3

 

 

 

革小物, 商品のご案内

ポケットに靴べらを。

日本の会社や施設は、意外とまだまだ、靴を脱いでスリッパなどに履き替えないといけない所が、多くあります。

営業マンともなれば、日に何度も靴を脱いだり履いたり。

靴べらを備え付けている所も多くありますが、例えば複数名で訪問し、辞する時。靴べら待ちが発生することも。

そこで、自前の靴べらをサッとポケットから取り出し、靴を履く。
スマートな所作が印象を高めます。



hmnyくつべら。

シンプルなデザイン。汚れ防止の撥水加工を施した本革を使用し、しっかりとした芯が縫い込まれています。

サイズは2種類。

私も長年愛用しているので、下の写真のようにいい感じで熟れてきています。

以前、取引先の年配の方と一緒にいて、その方が靴を履く際

「靴べら無いのかな」

と呟いた瞬間、ポケットからこの靴べらをサッと取り出して、差し出した事があります。

その方は、随分と感心され、以降何かにつけて私のことを気にかけて下さるようになりました。

こんなふとした場面で、ビジネスシーンを彩ることが出来る革小物。

シンプルでセンスの良いものを選びたいですね。


 

hmny くつべら

小はポケットサイズ、携帯に便利です。
サイズ:45x100x3(mm)
価格:1,500円(税別)

中はオフィスの机の中などに、プライベート用です。
サイズ:52x170x3(mm)
価格:2,000円(税別)

ご購入は、以下のサイトまで。
writeworksbana2017_3